韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、検察改革を期待して登用した検察トップに手を焼いている。側近だったチョ国(チョグク)前法相の起訴後も、ほかの政権幹部への捜査をやめようとしないからだ。文政権は検察幹部を入れ替えたが、人事を断行した法相の不正疑惑も持ち上がり、検察との攻防は当面続きそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます