ドイツのメルケル首相(65)の後任として最有力だった与党キリスト教民主同盟(CDU)のクランプカレンバウアー党首(57)は10日の記者会見で「党が弱体化している」と述べ、首相候補から降りると表明した。新たな首相候補が決まれば党首も辞任するという。「ポスト・メルケル」の行方は混迷してきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます