愛媛県教育委員会は12日、四国霊場第52番札所の太山寺(松山市太山寺町)にある平安時代の「木造五智如来坐像(もくぞうごちにょらいざぞう)」5体と、江戸時代創建の天満(てんま)神社(四国中央市土居町天満)本殿、十地院(西条市旦之上)が所蔵する鎌倉時代の「絹本著色不動明王像(けんぽんちゃくしょくふどうみょうおうぞう)」の計3件を新たに県指定有形文化財にすると決めた。また、砥部焼作家の白潟八洲彦(しらかたやすひこ)さん(80)を県指定無形文化財(砥部焼)保持者に追加認定する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます