金メダルを後悔する時がある。仕事がない。貯金を崩して生活している――。そんな五輪女王の悲痛な叫びが、フランス柔道界で波紋を広げている。大衆紙「パリジャン」で窮状を訴えたのは、2016年リオデジャネイロ五輪の柔道女子78キロ超級で金メダルを獲得したエミリ・アンデオルさん(32)だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます