地ビールを製造・販売する石垣島ビール(石垣市、塩谷篤社長)は14日から、新たに開発した「石垣島ライスビール・金波」を販売する。原料の一部に石垣島産の米を使用。ホップの量も増やした結果、麦芽100%と比べてさっぱりで辛口の味わいに仕上がっているという。島の産品と組み合わせた初の商品。市内での販売を皮切りに、沖縄本島へ販路を広げていく。価格は330ミリリットルで400円(税別)を予定。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます