日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の新規制基準に基づく審査で、原電が調査資料の記述を書き換えていたことを受けて、原子力規制委員会は14日、原電にこの資料の「原本」を提出するよう求めた。審査の前提となる資料の信頼性に疑いが生じたとして、異例の対応に踏み込んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます