大分県立高校の女子生徒(18)が自殺を図って重度の昏睡(こんすい)状態となったのは、妻子ある30代の同校の元教諭との交際が原因だったとして、生徒の母親が国家賠償法などに基づき県に慰謝料など1億3100万円の支払いを求め、大分地裁に提訴した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます