教員の多忙化を何とかしたいと、一般社団法人「日本教員多忙化対策委員会」が千葉県柏市と協定を結び、改革に取り組んでいる。モデル校の教員に密着し、通知表書きや部活動の時間を精選したところ、教員の1日当たりの平均在校時間は最も忙しい月で1時間ほど減った。この試みを今年、希望する自治体に拡大する計画だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます