美容室向けの高級シャンプーの製造番号を削り、インターネットで不正転売するケースが後を絶たない。製造番号が削られたシャンプーは、いつ、どこで作られたのかわからなくなり、品質保証されない恐れもある。独自に防衛策を強めているメーカーもある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます