大津市の滋賀県道交差点で昨年5月、右折車と直進車が衝突し、巻き添えで保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの罪に問われた無職新立(しんたて)文子被告(53)の判決が17日、大津地裁であった。大西直樹裁判長は「過失の程度、事故の結果は極めて重大だ」と述べ、禁錮4年6カ月(求刑禁錮5年6カ月)を言い渡した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます