東日本大震災の大津波が襲い、職員ら43人が命を落とした宮城県南三陸町の防災対策庁舎。町を訪れた多くの人たちが手を合わせる献花台を守っているのは、県外の自治体などから派遣された2人の応援職員だ。月命日やお盆、お彼岸などにあわせ、祈りの場の手入れに気持ちを込める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます