新型コロナウイルスの感染が拡大する中、橋本聖子五輪相は18日の閣議後会見で、各地で予定されている東京五輪・パラリンピックの関連行事の自粛は求めない考えを明らかにした。催し会場の入り口に、アルコール消毒液を置くなどの対応をしてもらうよう周知徹底を図るとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます