1990年代、テレビに出ていた「田嶋陽子」は、男性論客相手に激しく詰め寄る「怒れるフェミニスト」だった。テレビ向けのキャラクターとして消費されていた当時のイメージが、変わりつつある。人気作家による雑誌の特集が話題になり、旧著が復刊、トークイベントは即日完売という人気ぶり。なぜいま再評価されるのか。理由を探った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます