加工食品のオーナーを募るなどして多額の出資を集めた通信販売会社「ケフィア事業振興会」(破産)をめぐる出資法違反事件で、同社が出資者をカナダ旅行やコンサート、歌舞伎などにたびたび招待していたことが同社関係者への取材でわかった。警視庁もこうした経緯を把握。元代表の鏑木(かぶらき)秀彌容疑者(84)が主導し、経営をよく装うなどして信用させる狙いがあったとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます