宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球帰還に向けたイオンエンジンの前半の噴射が予定通り終わったと発表した。5月に後半の噴射を始め、11~12月に小惑星の石や砂が入ったカプセルを地球に送り届ける。はやぶさ2はその後、軌道を変えて別の小惑星に向かう予定だ。関係者によると、2030年ごろ到着できる数十の小惑星を候補に検討しているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます