インドネシアの警察は、新型肺炎で需要が高まっているマスクの架空販売で現金をだまし取ったとして、25歳の女を詐欺容疑で逮捕した。同国での感染者はゼロだが、マスクはインターネットなどで定価の10倍前後で取引されている。被害者は「『20箱買えば、1箱無料』の誘い文句に釣られた」と警察に話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます