米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画に伴う名護市辺野古の埋め立てをめぐり、「反対」が7割を超えた県民投票から24日で1年。それでも国が工事を続ける現状について、県民投票実現に向けた運動の中心だった大学院生、元山仁士郎さん(28)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます