東京高検検事長の定年延長問題で、法務省が解釈変更をめぐる人事院との協議文書を「口頭で決裁した」と国会に報告したことについて、自民党の岸田文雄政調会長は23日、「微妙に(政府の)説明が変わってきている部分もあるやに国民も感じていると思う。しっかり説明をしてもらわないといけない」と述べた。NHKの番組で、野党側の批判を受けて語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます