神奈川県の阿蘇敏之さん(47)は20歳の時、睾丸(こうがん)の腫瘍(しゅよう)をとる手術を受けました。それががんと知らないまま年月は流れ、あるとき、耐えがたい痛みに襲われます。がんについて語るサロンを開く、いまに至るまでの思いを聞きました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます