「対テロ戦争」を始めたのはジョージ・ブッシュ氏ではなく実は、25日に死去したホスニ・ムバラク氏だったのかもしれない。1981年、エジプトの当時のサダト大統領が、イスラム過激派「ジハード」の凶弾に倒れた際、副大統領だった自らも負傷した。ジハードはエジプト最大のイスラム組織ムスリム同胞団から分派した武闘派。大統領として同胞団と過激派の取り締まりを徹底的に進めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます