三菱UFJ銀行は25日、東南アジアの配車サービス最大手グラブ(シンガポール)と資本業務提携を結んだと発表した。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の数社と共同で、最大7・06億ドル(約783億円)を出資する。グラブのスマートフォン用アプリを通じて個人向けローンや保険などを提供し、東南アジアで顧客の拡大をねらう。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます