なりたい自分と見られる自分。背伸びしながら日々装い、私たちは大人になりました。自分なりの美を探す手がかりとなったのは、1970年代以降、ファッションで未知の世界を次々と見せてくれた雑誌です。アンアン、オリーブ、エル・ジャポン……。時代や経験を経て「おしゃれ」はどこへ向かうのでしょうか。スタイリストとして半世紀近く、日本のファッション雑誌をリードし続ける原由美子さん、雑誌と歩んだ自分史を語るライターの中沢明子さんとともに考えます。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます