今年のNHK大河ドラマのタイトルにもなった「麒麟(きりん)」。古代中国から、聖人が現れると姿をあらわす霊獣とされてきた。日本でも古くから神社仏閣や美術品を彩り、いまは「麒麟のまち」を掲げる地域もある。その正体とは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます