トランプ米政権は29日、アフガニスタンの反政府勢力タリバーンとの間で、同国の駐留米軍を段階的に撤退させる合意をした。トランプ氏は、2001年の同時多発テロを機に始まった、米軍による同国での戦闘の終結に向けた一歩として、11月の米大統領選で実績としてアピールする狙いだ。ただ、現地の政情や治安情勢は不安定で、和平実現の見通しは不透明だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます