昨年7月の参院選で、初当選した河井案里参院議員(自民、広島選挙区)への支持を働きかけた陣営関係者の男性会社員が広島地検の任意聴取を受け、約96万円を案里氏側から受領したとの趣旨の供述をしていることがわかった。関係者が明らかにした。男性は「違法性の認識があった」と説明。選挙運動員への報酬は公職選挙法違反罪に問われる可能性があり、同地検が報酬にあたるかどうか、慎重に趣旨を調べている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます