新型肺炎の感染拡大防止策として、県内25市町村のうち19自治体の学校が2日、臨時休校に入った。突然の休校の受け皿となったのが、放課後児童クラブ(学童保育)だ。結果的に学校と同じような集団生活となりつつあり、職員は対応に追われている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます