終末期を迎えた星からガスが間欠泉のように噴き出している様子の撮影に鹿児島大や国立天文台などの国際チームが成功し、5日発表した。星自身がまき散らしたチリの内側の現象で、これまで観測が難しかったが、南米チリにあるアルマ望遠鏡によって初めて電波で撮影できたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます