昨年9月、週刊誌「週刊ポスト」(小学館)に掲載された特集「韓国なんて要らない」に批判が起き、同誌編集部が謝罪する事態となった。この時、「差別扇動である」とSNSで特集を批判し、すぐさま同誌での連載を降板した作家がいた。マイノリティーなどを題材に小説を手がける、深沢潮(うしお)さんだ。あれから半年がたち、深沢さんが、「ヘイト本」について考えるトークイベントに登壇し、当時の経緯や思いなどを語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます