アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する「モビルスーツ」をプラモデル化し続ける「ガンプラ」。40周年を迎え、出荷数の累計は5億個を超えた。ガンプラを一過性のブームに終わらせず、クール・ジャパンを代表するプロダクツにまで育て上げたのが製造・販売元の「バンダイスピリッツホビー事業部」だ。同事業部の何がすごいのか。かつてバンダイの人事部に在籍し、ビジネス書「僕たちはガンダムのジムである」(2012年)の著者でもある働き方評論家・常見陽平さんが、彼らの狂気にも近い常識外れの“熱さ”について語り尽くした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます