福井県高浜町元助役の故・森山栄治氏はなぜ、関西電力への影響力を持つようになったのか。関電役員らの金品受領問題を調査している第三者委員会の報告では、その端緒として、森山氏が高浜原発のトラブル処理を仲介していた点について指摘するとみられる。生前、関電元副社長の故・内藤千百里(ちもり)氏は森山氏に解決を頼んだと明らかにし「脱法です」と語っていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます