2020年までにリーダー層の女性を30%にする――。政府が掲げた目標のゴールとなる今年だが、女性管理職の割合は1割程度。企業からは「管理職をめざす女性が少ない」「女性の意欲が低い」といった声が聞かれるが、それは女性の側の問題なのだろうか。取材を進めると、「男性目線」でつくられた日本企業の組織構造そのものが、女性の地位だけでなく、意識まで抑圧している状況が浮かび上がってきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます