東南アジアのボルネオ島に生息する絶滅危惧種「ボルネオゾウ」に井戸水を供給する国際貢献事業に、愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園が参加する。同島の豊かな生物多様性を守る取り組み「ボルネオ保全プロジェクト」の一環で、9日に派遣される職員は、保護されたゾウが暮らすマレーシア・サバ州の施設で井戸を掘り進める。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます