東日本大震災の発生から11日で9年となった。滋賀県内でも犠牲者を悼む法要が営まれ、大規模災害に備えた訓練があった。県によると2月25日現在、福島、宮城両県などから60世帯156人(昨年と比べて世帯数は同じだが5人減)の避難が続いている。新谷千布美…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます