東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)は12日夜、ひときわ大きな11本の籠松明(かごたいまつ)が上がった。松明は、こもりの僧の練行衆(れんぎょうしゅう)が二月堂に上がる際の道明かりで、14日まで毎晩上がる。なかでも籠松明は長さ7~8メートル、重さ60~70キロと一段と大きい。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます