米ニューヨーク株式市場で12日、ダウ工業株平均が前日比で10%安に沈み、1987年の「ブラックマンデー」(22%安)以来となる株価急落に襲われた。新型コロナウイルスの脅威に対し、トランプ政権と中央銀行の連邦準備制度理事会(FRB)が相次ぎ対策に動いたものの、金融市場の動揺は収まらない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます