着物は着たい。でも高いし、着付けも難しそう。そんな不安を吹き飛ばす「三部式着物」が京都で生まれた。三つのパーツに分かれ、5分で着られてお手軽価格、しかも着姿は完璧。着物離れが進む中、呉服関係者も「これはいける」と注目している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます