平安時代に紫式部が創作した『源氏物語』の写本のうち、鎌倉時代の歌人・藤原定家(ふじわらのていか)(1162~1241)が整えたとみられる第5帖(じょう)(巻)「若紫(わかむらさき)」の写本が昨年みつかった。その歴史的意義などを専門家が語り合う座談会(朝日新聞社、中古文学会主催)が2月29日、大阪・…

無断転載・複製を禁じます