九州電力は16日、川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)の運転を停止した。テロ対策施設が期限内に完成しないためで、完成の遅れで原発が止まるのは全国初。最新の知見で引き上げた基準を既存の原発にも適用する「バックフィット制度」で停止に追い込まれた初のケースでもある。今後、川内2号機のほか、関西電力や四国電力の原発も停止を余儀なくされる見通しだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます