映画カメラマンらでつくる日本映画撮影監督協会(浜田毅理事長)は16日、交流のある中国の映画関係者から、新型コロナウイルス対策で防護服など2800点の寄贈を受けたと発表した。東京大学医学部付属病院(東京都文京区)が受け入れることになったとしている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます