新型コロナウイルス感染拡大の影響で、全国のオーケストラが揺れている。相次ぐ公演の中止や延期で、数千万円の損失を見込む楽団が続出。オケ公演の中止・延期による損害は8~10億円に上り、「存続の危機」「3カ月で破綻(はたん)」といった悲痛な声があがっている。税制優遇と引き換えに、大きく儲(もう)けることが許されない。そんな公益法人制度のあり方も、今回のような非常事態にもちこたえるための体力をオーケストラ業界から奪っているようだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます