昨年1月、千葉県野田市の自宅浴室で亡くなった小学4年の栗原心愛(みあ)さん(死亡当時10)。傷害致死など六つの罪に問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判の判決が19日、千葉地裁であり、懲役16年(求刑懲役18年)が言い渡された。日常的な虐待の有無や死に至る経緯が争点だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます