千葉県野田市で昨年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)を虐待して死亡させたとして傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(42)の裁判員裁判で、千葉地裁は19日、懲役16年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。前田巌裁判長は「尋常では考えられないほどに凄惨(せいさん)な虐待だった」と指摘。死者1人の傷害致死罪では「最も重い部類だ」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます