2018年の西日本豪雨で浸水被害を受けた肱川沿いの愛媛県大洲市大川地区で20日、人々の暮らしをつづった詩を味わう「春を分けあう朗読会」が開かれた。地域を元気にしたいと、NPO法人「おおなる工房」が主催した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます