アジアで新型コロナウイルスの感染者数が中国本土に次ぐ韓国で、感染の有無を調べるPCR検査が急速に普及している。政府は2015年に中東呼吸器症候群(MERS)が流行した際の教訓を生かし、企業に協力を求めたほか、感染者情報の公開にも努めている。4月の総選挙を見据え、感染抑え込みに懸命だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます