新型コロナウイルスの感染拡大で、ライブハウスが苦境に立たされています。大阪市のライブハウスを介した感染が広がった影響もあり、小規模な感染者の集団(クラスター)の象徴のように扱われてしまいました。新人や若手が腕を磨く場であり、CDが売れない音楽市場の支え手でもあるライブハウスは今、どうしているのか。消毒や換気に力を入れる一方で、「金策に走り回っている」「家賃も従業員の給料も払わないといけない」……。現場を訪ねました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます