細胞の増えかた、コケの成長、クラゲの足の数はどう決まるかまで、扱う対象は幅広い。生き物の形と、物理や数学。大阪大学の藤本仰一(こういち)准教授(理論生物学)は、一見縁遠い研究分野を結びつけ、生命の不思議を解き明かそうとしてきた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます