京都大学は25日、様々な細胞になれるiPS細胞から、出血を止める働きをする血小板をつくり、血液の難病患者1人に輸血したと発表した。iPS細胞からつくった血小板の輸血は世界で初めて。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます