大阪市で2018年、市立中学1年の男子生徒(当時12)が転落死する事案があり、経緯を調べた市の第三者委員会は26日、生徒は学校でのいじめなどで精神的疲労をため、衝動的に自殺したと考えられるとする報告書を市に提出し、公表した。学校側は生徒が発していたSOSを受け止めることができず、死後の対応も事故死を前提にするなど問題があった、と指摘した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます