広島で被爆後、在日朝鮮人初の被爆者団体となる広島県朝鮮人被爆者協議会を結成し、会長を務めた李実根(リ・シルグン)さんが25日、腎不全で死去した。90歳だった。葬儀は27日午前11時から広島市中区吉島町6の18のサンセルモ玉泉院中央会館で。喪主は長男英一(えいいち)さん。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます