かんぽ生命の不正販売問題で、外部弁護士でつくる特別調査委員会(委員長・伊藤鉄男弁護士)が26日、追加の調査報告書を発表した。報道で問題が発覚する昨年6月までの経営幹部の問題認識について、「(不正の)実態を把握できていなかった」と認定した。その上で、昨春のかんぽ株の売り出しにも問題がなかったとの見方を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます